コーヒーを入れる専門家に

バリスタ

人気の職業

日本では比較的新しく、人気のある職業がバリスタです。コーヒーを入れる専門家のことを指します。日本人はコーヒーの消費量が世界的にも高く、バリスタになってカフェをオープンさせたい、バリスタとして働きたい人が増えています。バリスタはカフェのほかに、レストランやホテルなどおいしいコーヒーをサービスする場所で活躍することができます。バリスタになるために必ず必要な資格などはありません。いわば、誰でもなれる職業といえます。知識や技術はカフェで働きながら学ぶこともできますが、専門学校でも学ぶことができます。製菓学校のバリスタになるためのコースも多くなってきており、人気があります。カフェでアルバイトから学ぶ場合は、稼ぎながら学ぶことができるということがメリットですが、専門学校ではおいしいコーヒーを入れる技術だけでなく、独立開業するためにも必要となるドリンクやフード、接客や衛生管理のほか、カフェ経営や運営に至るまでのさまざまな知識を効率よく身に付けることができます。これらは専門学校で学ぶ上でのメリットとなるため、特に独立開業を目指す人にとっては人気となっているのです。その他にも専門学校が人気の理由としては、その分野の就職先をサポートしてくれるところです。専門学校を卒業した後バリスタとして働きたいと考えているなら、学校を選ぶときに卒業生がどのような就職先に決まっているかをチェックすることをおすすめします。

Copyright© 2018 パンの教室に通う【講師との相性で通いやすさや効率】 All Rights Reserved.