コーヒーのプロになる方法

文房具とコーヒー

学校なら基礎から学べます

バリスタとはコーヒーに関する豊富なスキルを持っている人のことです。おいしいコーヒーとくつろぎの空間を提供してくれるカフェのプロフェッショナルであり、今人気の職業でもあります。バリスタになるためには豊富な経験が必要なため、カフェに就職して経験を積むのが一般的です。また、最近は調理や製菓の専門学校などにバリスタ養成コースがあるので、ここで学んでからカフェに就職するという道もあります。専門学校ではコーヒーの基礎知識からカフェ経営に必要な知識まで幅広く学ぶことが出来るので未経験からカフェ経営を目指したい人にも選ばれています。カリキュラムにインターンシップを取り入れるなど、実践的なトレーニングが受けられる学校もあるので、即戦力を目指すことも夢ではないでしょう。専門学校の場合、基本は通年制となっているので社会人が通うのは難しいかもしれません。ですが、学校によっては夜間や通信制のところもあるので、カリキュラム次第では会社との両立も実現可能です。また、週3日程度の出席で学べるコースや短期間で集中的に学べる学校もあるので、これらの方法なら働きながらバリスタを目指すことも可能です。さらに最近はカルチャースクールや各種団体主催の養成講座もあるので、これなら誰でも気軽に通うことが出来るでしょう。カフェの開業については国家資格などは必要ないためスキルがあればいつでも始められるというメリットがあります。そのため、資金さえあれば専門学校の卒業と同時にカフェ経営を始めることも出来ます。日本で一流とされるバリスタの多くは複数の店舗で修行を積んでいるようですが、バリスタは実力主義の世界なので自分のやり方で目指すと良いでしょう。

Copyright© 2018 パンの教室に通う【講師との相性で通いやすさや効率】 All Rights Reserved.