バリスタ

コーヒーを入れる専門家に

バリスタは最近人気の職業の一つです。バリスタになるための必須の資格などはありません。カフェなどに就職して知識や技術を学ぶか専門学校で学ぶという方法で、バリスタとして就職できる可能性があります。専門学校では、接客や経営など、いろいろな知識を効率よく身に付けることができるので人気があります。

詳しく見る

女性

本格的に手作りしたい方に

パン教室には様々な方が集まり、ホームベーカリーを使ったことで手ごねパンづくりに興味を持った方や、アレルギーがあるお子様や生活習慣病のご家族のために原材料にこだわったパンを作りたい方、将来お店を開いたり教室を開きたいと学ぶ方もいます。

詳しく見る

文房具とコーヒー

コーヒーのプロになる方法

バリスタはコーヒーとカフェのプロで、店舗での修行や専門学校でスキルを身につけます。専門学校には通年制や通信制などがあり、カルチャースクールなどでも学べます。バリスタは実力主義なので自分のやり方で目指しましょう。

詳しく見る

人気のある習い事

パン

学ぶときの注意と選び方

パンが好きなあまりパン作りにはまる人も多いものです。独学である程度突き詰める人も多いですが、より体系的に学びたいという人や、好きなお店や作り手のパンを学びたいという場合、教室に通うのがおすすめです。パン教室は大きく分けて大手の教室と個人の教室に分けられます。それぞれメリットデメリットがあり、目的や相性によっても最適なものは異なります。大手のメリットは、体系立てて学べること、種類を幅広く学べること、全国に教室があることが多いので引っ越しなどをしても学び続けることができること、講師の質が安定しているということ、費用が明朗であること、授業の振替がしやすいことなどです。一方デメリットとしては、大人数の教室が多いのできめ細やかな指導をしてもらいにくいということ、質問がしにくいことがあることなどです。一方個人のメリットは、少人数であることが多いので質問がしやすく細かいところまで教えてもらいやすいということ、こだわりのパン作りが学べること、アットホームな雰囲気でわいわいと学べること、パンも含め一緒に食べるものや飲み物、テーブルコーディネートなどを総合的に学べることも多いことなどです。デメリットとしては個人宅が多いのでアクセスには差があること、講師との相性で通いやすさや効率がかなり左右されること、費用がピンキリなことなどです。どちらも一長一短ありますが、大事なのはこの講師のこのパンが食べたいとほれこむような教室を選ぶことです。

パン

アレンジを楽しめる

パン教室で教わる事は、将来、自分の希望や夢に変わります。初級から上級までいくのに努力がいりますが学んだ事は人を喜ばせる事も出来ますし、やっていくなかで大きな発見もあるので楽しいく教室に通えると思います。

詳しく見る

女性

学校に通って夢を叶えよう

バリスタになりたいという願いを叶えてくれるのがバリスタ養成講座のある専門学校です。ここで学べばコーヒーの基礎、経営、接客などを学ぶことが出来ます。専門学校選びについては資料や体験授業を使って慎重に選ぶことが大切で、社会人の場合はカルチャースクールなども選択肢に入れると良いでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 パンの教室に通う【講師との相性で通いやすさや効率】 All Rights Reserved.